• テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日
  • グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日
  • ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日
  • サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日
  • ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日
  • ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日
  • エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日

すでにワールドツアーから離れてしばらく経つけれど、未だにサーフィン界でアイコンのデーン・レイノルズ(28歳)。おそらく、若いサーファーのみの人気投票なら、一位になるのではないでしょうか。

本人はワールドツアーが好きじゃないと公言していますが、今でもスポンサーであるクイックシルバーのツアーイベントにはワイルドカード(特別枠)で出場していますし、ワイルドカードをかけたハーレーによるネット動画のトーナメントで優勝し、2013年度ハーレー・プロに出場しています。

こうしてみると、コンテストが好きなんじゃないのかと思いますし、クイックシルバーでチームメイトのケリーも、デーンは負けず嫌いと言っているので、本心は定かではないですね。

とはいうものの、サーフィンを見ていると自由人といった雰囲気が出てます。コンテストであっても、ライディングをまとめるというより、全力で一つ一つのマニューバーを狙っていますし。

ただ、こういったサーファーがいた方が、コンテストは盛り上がりますね。個人的にデーンのサーフィンを見ていると、前よりもアプローチがワイルドになったような気がします。

バックサイドでの膝の入れ方なども変わりましたし、これほどのサーファーであってもさらなる高みを目指しているんですね。映像については、これほど憧れられるサーファーだけあり、独自のスタイルを持っていて見飽きません。


スポンサーリンク


フリーサーフの関連記事
  • ワールドツアー引退後のタジ・バロウがホームの西オーストラリアでフリーサーフ
  • ヤゴ・ドラがJベイ(南アフリカ)で初サーフした2017年6月の動画
  • リップカールのグロムがオアフ島ノースショアでサーフキャンプ@2016
  • ガブリエル・メディナなどブラジリアンCTサーファーのウォームアップ動画@ポルトガル
  • ゴールドコースト全域でセバスチャン・ジーツがフリーサーフ@2017年クイックプロ期間
  • カリフォルニアでサマースウェルハンティング:デーン・アンダーソン

この記事が気に入ったら
フォローしよう

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
洪水した道路でサーフィン!?
ニュース
先日、イギリスでは洪水が発生し、これはチャンスとばかりにウェイクボーダーが、四輪駆動車で牽引してもらい道路でサーフィンをしたという映像です。...