• グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日
  • サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日
  • ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日
  • テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日
  • ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日
  • エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日
  • ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日

昨年度のタイトル獲得により2×ワールドチャンプとなったオアフ島出身のカリッサ・ムーア(21歳)。言うまでもなく、抜群の実力を持ったサーファーですね。2010年度からワールドツアーを回るようになり、4年のツアーキャリアにおいて2度のワールドチャンプであり、あとの2年は最終ランキング3位という好成績ですから。

個人的には、ツアー入りした時点で、すでに他のツアーサーファーより圧倒的に上手く、唯一ライバルとなるのは5×ワールドチャンプであるステファニー・ギルモアくらいだと思ってました。実際、カリッサがツアーランク3位に終わった年は、ステファニーがワールドタイトルを獲得しています。

カリッサの武器は、何といってもラインの太いターン。ステファニーも同じですが、この二人のターンのレベルはメンズ顔負けのレベルで、他のウイメンズとはレベルが違いすぎます。おそらく、スピードが違うのでしょうね。

また、コンテストでは勝つことを優先させているせいかあまり見ませんが、トリックといった最先端マニューバもすごいです。フリーサーフィンの映像を見ると、テールスライドからエアリバースまで、一発技ではなく一つのマニューバとしてメイクし、ライディングを続けていきます。

間違いなく、今後もワールドタイトル数を増していくサーファーでしょう。果たして、11回というケリーの記録に追いつくのでしょうか!?それとも、カリッサを破るウイメンズサーファーが現れるのか!?楽しみなところです。


スポンサーリンク


コンテストの関連記事
  • ダスティとベンジがワイルドカード獲得!2017年パイプマスターズトライアル
  • 2015年度ウイメンズWCT第六戦「USオープン」:初日ハイライト
  • 2014年度ボルコム・パイプ・プロ:初日ハイライト
  • スペインのQS6,000イベントで五十嵐カノアが優勝!来季WCT残留の可能性を高めることに
  • 2015年度リップカール・プロ・ベルズビーチ:五日目ハイライト
  • 2016年WSLのウイメンズ部門ワールドチャンピオンに輝いたタイラー・ライトの軌跡

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事