昨年度のタイトル獲得により2×ワールドチャンプとなったオアフ島出身のカリッサ・ムーア(21歳)。言うまでもなく、抜群の実力を持ったサーファーですね。2010年度からワールドツアーを回るようになり、4年のツアーキャリアにおいて2度のワールドチャンプであり、あとの2年は最終ランキング3位という好成績ですから。

個人的には、ツアー入りした時点で、すでに他のツアーサーファーより圧倒的に上手く、唯一ライバルとなるのは5×ワールドチャンプであるステファニー・ギルモアくらいだと思ってました。実際、カリッサがツアーランク3位に終わった年は、ステファニーがワールドタイトルを獲得しています。

カリッサの武器は、何といってもラインの太いターン。ステファニーも同じですが、この二人のターンのレベルはメンズ顔負けのレベルで、他のウイメンズとはレベルが違いすぎます。おそらく、スピードが違うのでしょうね。

また、コンテストでは勝つことを優先させているせいかあまり見ませんが、トリックといった最先端マニューバもすごいです。フリーサーフィンの映像を見ると、テールスライドからエアリバースまで、一発技ではなく一つのマニューバとしてメイクし、ライディングを続けていきます。

間違いなく、今後もワールドタイトル数を増していくサーファーでしょう。果たして、11回というケリーの記録に追いつくのでしょうか!?それとも、カリッサを破るウイメンズサーファーが現れるのか!?楽しみなところです。


スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

おすすめの記事