オーストラリアのニューサウスウェールズ州ジェロア出身のサリー・フィッツギボンズ(23歳)。2009年にワールドツアー入りし、実力はあるものの、2010~2012年の三年連続でツアーランク2位という後一歩の結果に終わっています。ちなみに、2010年と2012年はステファニー・ギルモア、2011年はカリッサ・ムーアにワールドタイトルを獲られての結果。

容姿端麗なサリーはモデルを務めることもあるければ、本人は根っからのスポーツウーマン。しかも、並みのレベルではなく、2007年に開催されたオーストラリアのユースオリンピックにて、陸上の800mと1500mで金メダルを獲得していています。

その結果を受け、世界大会に出場するオーストラリア代表選手にも選出されましたが、サーフィンのジュニアタイトル出場のために辞退した過去を持っています。おそらく、陸上を選んだとしても、サリーなら結果を残したことでしょうね。

サリーのサーフィンは、安定したオールラウンダーといった感じです。ただ、その安定感がすごい高いレベルにあります。2013年度のコンテスト結果をみると、一番悪い結果が5位の2回で、あとはすべて3位以上の記録を残しています。

これだけの結果であるにもかかわらず、ワールドタイトル獲得に至らないのは本人としても悔しいと思いますが、メンズのパーコのよう、いつかは花咲くのではないでしょうか。コンテストでのサリーファンの歓声は熱狂的なので、タイトルを獲ったら盛り上がるでしょうね。


スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事