ミュンヘンには海がないのにウエット姿でボードを持ち歩くサーファー

シェア(記事を気に入ればお願いします)

ドイツのミュンヘンで、海がないにも関わらずウエットスーツ姿でサーフボードを持ち歩くサーファーを見て、驚く観光客もいるかと思います。彼らが何をするかというと、アイスバッハ川でのリバーサーフィンです。

河で発生するパーフェクトウェイブで紹介したように、最近でこそリバーサーフィンと言えば潮津波が知られるようになりましたが、元祖リバーサーフィンとして知られるのが今回の映像です。サーフィンというより、フローライダーのようですが・・・。

歴史は意外にもあり、ミュンヘンでは70年代中期からリバーサーフィンが始まったと言われています。始まりは、近場に海がないが、波乗りしたいサーファーがチャレンジするようになったとのこと。

サーファーが、波のない日に陸上でも似たようなことができないかと思い、サーフィンの練習としてスケートボードが生まれたのと同じですね。サーファーのバイタリティは凄まじいです・・・。

このアイスバッハ川、両端がコンクリートで囲まれているうえ、端から端までの距離が狭いのでかなり危険そうです。これまでも重傷者が出ていますので、自信がなければ、ギャラリーに徹する方が無難かと思います。

海と違って川なので、ギャラリーであっても至近距離から見物できて面白いと思いますし。


スポンサーリンク


シェア(記事を気に入ればお願いします)

フォロー(更新情報のチェックはこちら)