3×ワールドチャンプのレジェンドサーファーであり、今や49歳となったトム・カレン。トム独特のボトムターンに憧れたサーファーは多いでしょう。

ツアーを離れた後も、短いフィッシュでメンタワイのビッグウェイブに乗ったり、ミュージシャンとして音楽の世界に飛び込んだりと、何かと話題に上がっていますね。それだけ注目を集めるのは、カリスマ性が高いからでしょう。

今回の動画でトムが乗っているノーズが四角く短いボードは、ダニエル・トムソンがシェイプしたプレーニング・ハルです。流体力学を適用されたウルトラハイパフォーマンスボードとして知られ、トムは地元リンコンで開催されたコンテストでこのボードを使用。

デーン・レイノルズを破った事で注目を集めましたね。プレーニング・ハルでのライディングもさることながら、アライアやボディサーフィンの腕前もすごいです。さすがの一言ですね。

普段は口数が少ないことでも知られるトムですが、この動画では結構喋っていますね。スペイン語を交えているから、口数が増えたのかな!?撮影場所はメキシコです。


スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

おすすめの記事