• エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日
  • ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日
  • サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日
  • グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日
  • テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日
  • ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日
  • ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日

3×ワールドチャンプのレジェンドサーファーであり、今や49歳となったトム・カレン。トム独特のボトムターンに憧れたサーファーは多いでしょう。

ツアーを離れた後も、短いフィッシュでメンタワイのビッグウェイブに乗ったり、ミュージシャンとして音楽の世界に飛び込んだりと、何かと話題に上がっていますね。それだけ注目を集めるのは、カリスマ性が高いからでしょう。

今回の動画でトムが乗っているノーズが四角く短いボードは、ダニエル・トムソンがシェイプしたプレーニング・ハルです。流体力学を適用されたウルトラハイパフォーマンスボードとして知られ、トムは地元リンコンで開催されたコンテストでこのボードを使用。

デーン・レイノルズを破った事で注目を集めましたね。プレーニング・ハルでのライディングもさることながら、アライアやボディサーフィンの腕前もすごいです。さすがの一言ですね。

普段は口数が少ないことでも知られるトムですが、この動画では結構喋っていますね。スペイン語を交えているから、口数が増えたのかな!?撮影場所はメキシコです。


スポンサーリンク


サーフトリップの関連記事
  • メキシコで自由を訴えかけるようにエアーを繰り返すディオン・アジアス
  • インドネシアの西スンバワを2016年6月にサーフトリップしたボルコムライダー
  • パーフェクトウェイブのメンタワイでスポンジボードサーフ:ジェイミー・オブライエン
  • ライト天国の中米エルサルバドル!チェルシー・トゥアクのサーフトリップ動画
  • 一日限りのスウェルを求めてギリシャへ!ヨーロピアンサーファーのドリームトリップ
  • リップカールのトップライダー4名によるサーチトリップ@南太平洋

この記事が気に入ったら
フォローしよう

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事