• サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日
  • エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日
  • ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日
  • ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日
  • テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日
  • ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日
  • グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日

オーストラリアのサンシャイン・コースト出身のジュリアン・ウィルソン(25歳)。2011年にツアー入りし、3年のキャリアながら、全ての年で一桁台のツアーランクをキープしています。ツアーイベントでの優勝は、2012年にポルトガルで開催されたリップカール・プロのみなので、平均成績がとても高いという事ですね。

サーフスタイルは、幼い頃はロングボーダーとしてコンテストに出場していたため、レールの入れ方が上手いです。ジュリアンのボトムターンを見れば分かりますが、ボトムでひたすらレールを入れ続け、ここぞというセクションが現れると溜めていたパワーを爆発させます。

レールの使い方が上手いサーファーはパワーサーファーが多いイメージですが、ジュリアンは最先端のエアーも得意とします。ぜひ、2013年度ワールドツアー ハイライト3もチェックしてみてください。

ジュリアンと言えば、ゴールドコーストで開催されるワールドツアー初戦にはピンクのスプレーを施したサーフボードを持ってくるのが目を引きますね。ピンクのスプレーをするのには理由があります。

ジュリアンのお母さんは乳がんを患った経験があり、乳がんは検査を怠らずに早期発見できれば直るという事実を広めたいと思い、ピンリボン運動のピンクをボードに取り入れています。アイドル的な人気を誇るジュリアンが、こういった活動をすると、とても影響力があるので素晴らしいと思います。


スポンサーリンク


コンテストの関連記事
  • 2016年Jベイ・オープンの波予報&ジョンジョン・フローレンスのウォームアップセッション
  • カリッサ・ムーア マウイプロ
    2015年度ウイメンズWCT最終戦「ターゲット・マウイ・プロ」:最終日ハイライト
  • 2016年WCT第三戦「ドラッグ・アウェア・マーガレット・リバー・プロ」:二日目ハイライト
  • 2015年度オイ・リオ・プロ:四日目ハイライト
  • サメが目撃され一時中断となった2016年WCT第七戦「スウォッチ・ウイメンズ・プロ」四日目
  • 2014年度ASPウイメンズワールドツアー第九戦カスカイス・ウイメンズ・プロ:二日目ハイライト

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
フリーサーフ
今回の動画は、世界トップサーファーによる2013年のベストライディングをサーフィン・マガジン誌がまとめたものとなります。ベストを集めただけあ...