数々のビッグウェイブコンテストで優勝を飾り、ビッグウェイブ界では言わずと知れた存在のグレッグ・ロング。特にグレッグの名を世に知らしめたのは、世界中のサーファーの中でも選ばれしビッグウェイバーのみしか参加することのできない通称エディイベント(正式名:The Quiksilver in Memory of Eddie Aikau)にて、2009年に優勝した結果でしょう。

同イベントは、会場となるオアフ島ノースショアのワイメア・ベイで、波のサイズが20フィート以上にならないと開催されないため、イベントが生まれてから30年ほどの年月が経ちますが、これまでに開催されたのはわずか8回で、直近で開催された2009年にグレッグが優勝しました。ちなみに、2009年開催時には、日本からは脇田プロが唯一招待され参加しています。

そんなグレッグが今回、ナショナルジオグラフィック協会による最強の冒険家を決めるイベントにノミネートされ、2014年1月31日までネット投票が行われます。グレッグがノミネートされた理由としては、不屈の精神が挙げられています。

2012年12月、南カリフォルニアのサンディエゴ沖合100マイルほどに位置するビッグウェイブスポット「コルテス・バンク」で、25フィートものビッグウェイブに挑戦した際にひどく波に巻かれて意識を失い、沿岸警備隊のヘリコプターを出動させて救助された過去があります。

しかし、その後も再びビッグウェイブにチャレンジするようになった経緯が、今回のノミネートに繋がったようです。是非とも投票したいという方は、以下のリンクから飛んでみて下さい。投票ページ

今回の動画は、グレッグが優勝した2009年のエディ・イベントの映像になります。技を競うというより、どれだけ大きい波にビビらずに突っ込んで乗り切るかがテーマですが、十分に見応えがあります!


スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事