カリフォルニア州サンタバーバラ出身のレイキー・ピーターソン(19歳)。2012年にツアー入りを果たし、初年度にしてツアーイベントのUSオープンで優勝を果たしている。ツアーランクは、2012年と2013年ともに7位という好成績。

12歳の頃から、NSSA(米国学生サーフィン連盟)のタイトルを獲得したりと注目を集めていました。特に際立った点は、ウイメンズでは珍しくエアーをコンテストでも見せるところ。

フリーサーフィンでエアーをするサーファーはいますが、コンテストではリスキーなために避けるのが定石です。しかし、14歳の時のNSSAでは、ウイメンズサーファーとしてNSSAコンテストで初めてエアーを取り入れたライディングでタイトルを獲得しています。

新たな風をウイメンズサーフィン界に巻き起こしてるだけあり、コンテスト以外でもレイキーは注目を浴びています。レイキーの日常やツアー生活を追ったサーフフィルム「Zero to 100」は、世界中のフィルムコンテストで数々の受賞を受け、Itunesのスポーツ部門でもナンバー1ヒットを記録しました。

また、私生活ではボランティアとして、環境問題やガンを患った子供への支援活動などに対して積極的に取り組んでいます。若くして注目を集めているにもかかわらず天狗にはならず、自分にできることは何でもしようという姿勢は、とても好感が持てますし、見習う点が多いですね。


スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事