タヒチのチョープーで発生した昨年のワイプアウト特集

シェア(記事を気に入ればお願いします)

サーファーにとって避けることのできないワイプアウト(波に巻かれること)。小波であれば大したことはないものの、ビッグウェイブやホレた波でのワイプアウトになると、海底に叩き付けられたり、なかなか海面に浮上できずに息が苦しくなったりとキツいですよね。ただ、他人のワイプアウトには、思わず笑ってしまうのではないでしょうか。

今回の動画は、完璧なバレルを形成するタヒチのチョープーで起こったワイプアウト映像をまとめたものとなります。チョープーの波は見てのとおり、エグいほどに波が巻き上がるバレル。

バレルは、うねりが深い海域から、いきなり浅瀬に達することで切り立って発生します。つまり、チョープーで波がブレイクするポジションは極めて浅く、そのうえ海底がリーフとなっています。

しかも、波のパワーも半端ではありません。以前、ワールドツアーイベントの「ビラボン・プロ」のファイナルで、CJホブグッドがワイプアウトし、波のパワーで肩を脱臼した事があるほどです。

サーファーにしてみれば、このバレルをメイクできたら天国、ワイプアウトしたら地獄だと思います。映像を見ているだけなら、ヤバって思いながらも笑ったりしちゃんですけどね。


スポンサーリンク


C05 地球の歩き方 タヒチ/イースター島 2014
地球の歩き方編集室
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 150,657

シェア(記事を気に入ればお願いします)

フォロー(更新情報のチェックはこちら)