カリフォルニア州サンクレメンテ在住のティア・ブランコ(16歳)。世界のトップ17名しか参加できない狭き門であるワールドツアーのスポットを獲得しようと、チャレンジしているサーファーガールです。

ティアが初めてサーフィンにトライしたのは、ワイキキでお父さんに後ろからボードを押してもらった3歳の頃。となると、すでにサーフィン歴13年になるんですね。興味深い点としては、ティアはベジタリアンよりも厳格なビーガン(絶対菜食主義)であること。


スポンサーリンク

スポーツにおける食の重要性は注目度が高く、ケリー・スレーターなんかも非常に素材にこだわりを持っていますので、若くしてヘルシーな食生活を送っているのはプラスになるのかもしれませんね。少なくとも、ジャンクフード天国のアメリカで暮らしている上では良いでしょう。

ティアにはすでに、ボルコムやリーフといった数々のスポンサーが付いているので、アメリカのサーフ業界から注目を集めています。今後、台頭してくる可能性が非常に高い若手なので、チェックしてみてください。

 

からだとこころに優しい ビーガンホームクッキング
宮崎恭一
grambooks plus
売り上げランキング: 249,292

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

おすすめの記事