• ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日
  • テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日
  • サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日
  • エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日
  • ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日
  • ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日
  • グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日

オーストラリアのシドニー出身で22歳のローラ・エネヴァー。2011年にツアー入りを果たし、ツアー落ちすることなく活躍していますが、ジュニア時代の輝かしい成績を考えてみると、まだまだこれからではないでしょうか。

ジュニア時代には、2008年のトリプルクラウンでルーキー・オブ・ザ・イヤー、2008年度ISAジュニアワールドチャンプ、2009年度ASPウイメンズ・ワールドジュニアジャンプと申し分のない結果を残し、新たなステップとしてワールドツアーに参戦する事となったのですから。

9歳までローラは器械体操をしていたそうですが、サーフィンに専念するために本人曰く、器械体操をリタイアしたそうです。小学校三年生くらいにして、そのような判断をするって大人びてますね。

13歳にして、リサ・アンダーソン(元ウイメンズワールドチャンプ)のサーフトレーニングキャンプに参加するため初めてハワイへ渡り、その後は毎年ハワイに通っているそうです。コンテストシーズンは、一日数回のサーフィンに加え、週に4~5回のクロストレーニング(自分の専門以外の種目を取り入れたり、複数の種目の運動を積極的に取り入れる練習法)とハードな日々を過ごしているようなので、こういった努力は近いうちに実を結ぶのではないでしょうか。


スポンサーリンク


コンテストの関連記事
  • 2015/2016年シーズンBWTイベント「クイックシルバー・セレモニアル」結果
  • 2014年度ASPメンズワールドツアー第九戦クイックシルバー・プロ・フランス:最終日ハイライト
  • 2014年度ASPウイメンズワールドツアー第六戦バンズUSオープン・オブ・サーフィン:二日目ハイライト
  • ジョーディがタイトルレースからアウト:メンズCT第11戦「パイプマスターズ」三日目
  • 16歳が優勝のパイプトライアル!いよいよ始まるパイプマスターズのヒート表や波予報など
  • Jベイ・オープンのワイルドカードを賭けたトライアルイベント

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事