フロリダ出身で34歳のCJホブグッド。ケリー・スレーターと同じく、アメリカ東海岸のフロリダ出身です。1999年にツアー入りを果たしたベテランで、アメリカで同時多発テロが発生した2001年、キャンセルとなったコンテストもあった中で一つ一つ好成績を上げてワールドチャンプとなっています。

双子のツアーサーファーといった点や、日本で言えば湘南のようにあまり波が期待できないフロリダ出身なのにビッグウェイブに強いサーファーとして知られていると思います。特に、オアフ島ノースショアのパイプライン、タヒチのチョープー、フィジーのクラウドブレイクといったヘビーコンディションでは対戦相手が嫌がるほどです。

これほどの実績のあるサーファーですが、2011年に自身最低ランクの31位となったことが影響してか、2013年度はメインスポンサーなしでワールドツアーに参加しました。元ワールドチャンプであり、現在もツアーで活躍しているので非常に厳しい世界だと思います。

特に、アメリカやオーストラリアはサーフィンのレベルが高く、サーフィンが上手くてもスポンサーの付かないサーファーはごろごろ存在します。現状を見ていると、サーフィンが上手いのは基本でプラスアルファが必要な状況ですね。ただ、より付加価値が付くことで、ギャラリーとしては面白くもあるので、嬉しくもあるのですが・・・。


スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事