2013年の軌跡:マット・バンティング

シェア(記事を気に入ればお願いします)

オージーサーファーとしてクイックシルバー期待の若手であるマット・バンティング(19歳)。世界中のサーフメディアから、マットがワールドツアー入りするのは時間の問題と言われるほどの逸材です。そんなマットが、世界中を旅しながら各地で撮影されたサーフ映像となります。

ジュニアとして輝かしいコンテスト結果を残しているマットの名をサーフィン界に知らしめたのは、2012年に初開催されたオーストラリアン・オープンでのメンズ部門とジュニア部門でのダブル優勝でしょう。

オーストラリアン・オープンとは、アメリカで最も盛り上がると言われるUSオープンのオーストラリア版で、本家同様、サーフィン、スケート、音楽が融合した一大イベントです。それほど大規模であるため、世界トップサーファーが数々エントリーしていたのですが、ジュニアであるマットが優勝したのです。小波のエアー勝負であったため、若手に有利だったとは思いますが、それにしても素晴らしい快挙といえます。

映像を見ると、エアーにターンと十分ツアーサーファーに引けを取らない隙のないサーフィンですね。今後さらにスキルアップすると思いますし、確実にワールドツアー入りするはずなので、今から注目してみてはいかがでしょうか。


スポンサーリンク


シェア(記事を気に入ればお願いします)

フォロー(更新情報のチェックはこちら)