• ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日
  • エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日
  • ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日
  • テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日
  • サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日
  • グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日
  • ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日

タヒチ出身で28歳のミシェル・ボウレズ。2009年にツアー入りを果たし、初年度はツアーランク21位に甘んじたものの、その後はツアー落ちすることなく順調にランキングを上げ、2011年には6位という好成績を残しています。

パワフルなドライブターンを得意とするパワーヒッターのため、ターン勝負となるロングウォールの波を得意とします。波質としてはオアフ島ノースショアに位置するハレイワが得意なようで、2013年と2008年、ハレイワで開催されたリーフ・ハワイアン・プロで優勝しています。リーフ・ハワイアン・プロは、全三戦のトータルポイントで競うトリプルクラウンのイベントであり、ローカルハワイアンはもちろんのこと、世界中のトップサーファーが集まるコンテストであるため、この優勝はワールドツアーイベントでの優勝に匹敵するほどの偉業です。

強烈なバレルで有名なチョープーを有するタヒチ出身だけに、チューブライドのスキルも高いです。ここ最近では、チューブとエアーが得意なサーファーが多く、元ツアーサーファーであったテイラー・ノックスのようなドライブのきいたターンを得意としたサーファーが少なくなってきましたので、ミシェルの存在は貴重であり、ツアーにおいて今後も欠かせない存在だと思います。


スポンサーリンク


コンテストの関連記事
  • 2016年WCT第三戦「ドラッグ・アウェア・マーガレット・リバー・プロ」:初日ハイライト
  • 2013年度WCTメンズno.31:ディオン・アトキンソン
  • カリフォルニア時間の9月7日にローワーズでスタートする2016年WCTイベント情報
  • 2013年度WCTメンズno.21:ビード・ダービッジ
  • タイトルへ一歩近付いたタイラー!2016年WCT第九戦「ロキシー・プロ・フランス」初日
  • 2014年度ASPウイメンズワールドツアー最終戦ターゲット・マウイ・プロ:最終日ハイライト

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事