• ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日
  • エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日
  • テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日
  • グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日
  • ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日
  • サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日
  • ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日

オーストラリア出身のビード・ダービッジ(29歳)。2005年にツアー入りを果たし、初年度は29位という結果に終わってしまったものの、その後は順調にランキングを上げ、2008年には2位という結果でワールドタイトルまで後一歩の活躍を見せました。

ワールドツアーイベントでの優勝回数は3回で、2006年のブースト・モバイル・プロ・トレッスルズ、2007年のビラボン・パイプ・マスターズ、2008年のハング・ルース・プロ・ブラジル。

ツアー成績を見ていますとプロサーファーとして大活躍していますが、2005年の29位、2006年の15位という結果を受け、2007年はメインスポンサーなしでワールドツアーを参戦していました。しかし、スポンサーなしで挑んだ2007年、ツアーイベント最終戦のパイプマスターズで優勝、さらにはトリプルクラウンを獲得し、ツアーランク5位という好成績でフィニッシュすることでメインスポンサー獲得に至りました。

近年の企業は、多くのサーファーをスポンサードするというより、トップサーファーだけに大金を払ってスポンサードするのが主流なようなので、ツアーサーファーになっただけでは安心できないという事ですね。


スポンサーリンク


コンテストの関連記事
  • カリッサとコートニー敗退の2017年CT第2戦「マーギーズプロ」五日目
  • コートニー・コンローグが優勝!2017年CT第3戦「リップカールプロベルズ」四日目
  • 2014年度ASPウイメンズワールドツアー最終戦ターゲット・マウイ・プロ:二日目ハイライト
  • 2014年度ASPワールドツアー第三戦リップカール・プロ・ベルズ・ビーチ:一日目ハイライト
  • 2014年度ASPウイメンズワールドツアー:タイトルレースのシナリオ
  • ハワイアン・プロ
    2015年度トリプルクラウン第一戦「ハワイアン・プロ」:三日目ハイライト

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事