• サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日
  • テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日
  • ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日
  • グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日
  • ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日
  • ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日
  • エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日

3日間連続となる本日も開催されたオーストラリアン・オープン・オブ・サーフィン。波は昨日同様、腰前後というサイズですが、若干サイズを落としたようにも感じられました。ただ、トッププロが乗ると良さそうに見えるのが不思議ですね。本日は、メンズのラウンド2残り全ヒート、ウイメンズのラウンド2を消化しました。

本日もまたワールドツアーサーファー敗退の波乱は起き、昨シーズンの怪我から復帰したティアゴ・ピレス、カイ・オットンが早くも姿を消しました。注目度の高いデーン・レイノルズは、コナー・コフィン、マキシム・フスノット、ジャック・フリーストーンという若手トップクラスのサーファーと対戦となり、シーソーゲームの展開の中でかろうじて2位通過で勝ち残りました。

トッププロのライディングを見ていると、今日のようにサイズが小さくフェイスの狭い波であっても、キレイにトップからボトムを使ったサーフィンをしているので、とても参考になります。0:18~のライディングで、このサイズにしてあれだけの高さと縦回転のエアリバースを入れるなんてあり得ないですよね。しっかりとパワーポケットを見極め、最大限のスピードを引き出すことで可能なマニューバですね。

ウイメンズは、いよいよラウンド3からワールドツアーサーファーといったトップシードが登場してくるので、さらに盛り上がってくると思います。お時間のある方は、リンクを張っておきますので、ぜひとも公式サイトのライブページもチェックして見て下さい。

オーストラリアン・オープン・オブ・サーフィン公式サイト


スポンサーリンク


コンテストの関連記事
  • タイラー・ライトが今季初優勝の2017年CT第4戦「オイ・リオ・プロ」五日目
  • 6月5日(日曜)からスタートの2016年WCTメンズ第五戦「フィジー・プロ」情報
  • ジョンジョンの2年連続タイトル目前:メンズCT第10戦「リップカールプロ@ポルトガル」三日目
  • 2013年度WCTメンズno.29:ラオニ・モンテイロ
  • スモールコンディションで幕開けの2017年メンズCT第7戦「ビラボンプロタヒチ」初日
  • 2015年度トリプルクラウン第一戦「ハワイアン・プロ」:初日ハイライト

この記事が気に入ったら
フォローしよう

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事