2014年度オーストラリアン・オープン・オブ・サーフィン:四日目ハイライト

シェア(記事を気に入ればお願いします)

本日も厳しいコンディションで開催されたオーストラリアン・オープン・オブ・サーフィン。おそらく、この先もあまり波が期待できないので進めているんでしょうね。本日はメンズのヒートはなく、ウイメンズがラウンド3~4まで消化されました。

また、並行して開催されていたプロジュニアの決勝が行われ、ボーイズは昨年のツアーイベントのワイルドカード出場でケリー・スレーターを破ったジェイコブ・ウィルコックス(16歳)、ガールズはエリージーン・コフィー(19歳)が優勝しました。

ウイメンズは、やはりと言うか波乱の続出。ツアーサーファーでは、今回のイベントのディフェンディングチャンプであるサリー・フィッツギボンズを始め、タイラー・ライト、アラナ・ブランチャード、ビアンカ・ビュイテンダグ、ディミティ・ストイル、ローラ・エネヴァーと大勢の敗退が決まりました。

現ワールドチャンプのカリッサ・ムーアは「5ヶ月振りのコンテストだから、早く慣れなきゃ」とコメントしていました。昨シーズンのウイメンズツアーは、10月頭に終了しているので、選手としては長いブランクになりますね。昨シーズン以前は、なかなかイベントスポンサーが付かず、半年でツアーが終了でしたので、まだ改善された状況です。

そして嬉しいことに、今年はウイメンズのツアーが大幅に変更され、シーズン最終戦がハワイ島のホノルア・ベイで開催されることが決定しました。つまり、しっかりと年間を通してのツアーに戻るのです。また、メンズ同様、カリフォルニアのトレッスルズでのコンテストも追加されたので、非常に盛り上がってくると思います。


スポンサーリンク