オーストラリアの現地2月20日、ハンター・ポーツ・ウイメンズ・クラシックのラウンド3~4まで消化されたサーフェスト・オーストラリト。サイズは日を増すごとにダウンし、公式サイトによる波のサイズは1~2フィートとなりました。

ビッグニュースとなったのは、5×ワールドチャンプであるステファニー・ギルモアの敗退。トータルスコアでわずか9.7ポイントと、ステファニーらしさを見せることなく、早々と姿を消す結果となりました。波が波だったので、ステファニーであってもしょうがない結果とも言えますが。

ラウンド3でほぼパーフェクトに近い19.13というトータルスコアを残したマリア・マニュエルは、相変わらず調子が良く、ラウンド4でも安定したサーフィンをみせ、トップ通過を果たしています。

その他のワールドツアーサーファーとしては、19.17をマークしたディミティ・ストイル、16.67をマークしたビアンカ・ビュイテンダグなどが、ラウンド4でハイスコアを出して勝ち上がっています。

現在勝ち残っている中で気になるサーファーは、以前にワールドツアーに参戦していたブラジル出身のシルヴァナ・リマ。ウイメンズサーファーの中では、早い時期からフィンアウトやエアーといったマニューバをコンテストに取り入れていたサーファーなので、派手なアクションに期待が寄せられます。


スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事