2012年、ヒッピータウンとして知られるオーストラリアのバイロンベイから、サングラスを主体とするアイウェアブランド「Epokhe」が生まれました。共同設立者である3人は、サーフ業界では知らぬものはいないキャラが勢揃い。

まずは、サーフムービーの巨匠であるテイラー・スティール監督に引っ張りあげられ、「Dear Suburbia」や「Lost Atlas」といった有名作品を世に送り出してきたカイ・ネヴィル。次は、世界中を転々と移り住みながら感性を磨くアーティスティックなフリーサーファーであるディオン・アジアス。

最後は、エアーにパワーカーヴィングとイケイケなスタイリッシュサーファーのミッチ・コレボーン(余談ですが、イケイケなミッチはコンテストでカナダを訪れた際、朝までパーティーに興じ、そのまま外へ飛び出して下半身を子供の前で露出して逮捕された過去があります・・・)。

この3人が揃えば、映像を作ることは容易いことですよね。しかも、昨年チームライダーに加わったクリード・マクタガートを交えて撮影されたものが、今回の映像となります。

カイの作品と言えば、最先端サーフィンを前面に出すイメージがありますが、今回の作品は自身のブランドの広告を兼ねているためか、落ち着いた雰囲気のものです。映像といい撮影場所といい、神秘的であり幻想的な仕上がりとなっています。


スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事