• エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日
  • テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日
  • サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日
  • ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日
  • グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日
  • ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日
  • ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日

フランスのパワフルなビーチブレイクで有名なホセゴー出身のサンチョことベンジャミン・サンチス(34歳)。ヨーロッパ部門でビラボンのトップサーファーであるサンチョのモチベーションは、旅とビッグウェイブにあります。

ビッグウェイブを求めて世界を転々とするため、「Where is Sancho?」と名付けた自身のブログでは、世界各国で当てたビッグウェイブでのライディング映像や写真をまめにアップしています。昔と違い、今では自分でフィルマーを雇ったりし、自己発信するサーファーが増えていますね。そうしなければ、生き残れないという事なのでしょうが。

ビッグウェイブサーファーとしての地位を固めたのは、何と言ってもビッグウェイブサーファーの祭典であるビラボンXXLアワードでの受賞でしょう。2011年、フランスのベルハラで60フィートの波に乗った事で、ビッゲストウェイブ賞を勝ち取りました。やはり、アンダーグランドで生きて行くとしても、こういった実績は実力を証明する意味で大きいですね。

今回の動画は、そんなサンチョが南カリフォルニアのリンコンから、メキシコのトドス・サントスへトリップした際のものとなります。前半のリンコンでは、少しばかりデーン・レイノルズも出ています。後半のトドス・サントスでは、黄緑のボードに乗っているのがサンチョです。波がブレイクした後のスープの厚みがヤバそうですね・・・。


スポンサーリンク


  • 美しすぎる海が広がるロットネスト島(西オーストラリア)へビラボンガールズがトリップ
  • 進め!ケパ・アセロ:アフリカ編3
  • インドネシアで見せるエアーゲーム:ルービン・アッシュ
  • リップカール「Surfing is Everything」:パート2 モザンビーク
  • アイルランドでブレイクするスラブ:マット・ブロムリー
  • 微笑みの国「タイ」へのサーフトリップ+ボランティア:チャプター2

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事