• ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日
  • ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日
  • グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日
  • ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日
  • サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日
  • エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日
  • テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日

オーストラリアの現地2月22日、バートン・トヨタ・プロのラウンド3~4、そしてハンター・ポーツ・ウイメンズ・クラシックはクオーターファイナルまで消化されたサーフェスト・オーストラリア。公式サイトによる波のサイズは3フィートで、パワーのあるクリーンコンディションでの開催となりました。

この日の大番狂わせは、ラウンド3でのジョエル”パーコ”パーキンソンの敗退。ラウンド2でのギリギリの2位通過といい、WQSイベントなのでコンテストモードに入っていないのかもしません。ワールドツアーイベントであれば、これほどの早期敗退はほとんど見ることはありませんし。

ワールドツアーサーファーの結果を見ると、オーストラリアン・オープン・オブ・サーフィンで優勝したばかりのアドリアーノ・デ・スーザは好調をキープして勝ち上がっています。今年からワールドツアー入りするディオン・アトキソンもまた、調子が良さそうです。しかし、この二人を除いてあとはWQSサーファーやジュニアしかいなく、ツアーサーファーがそれだけ敗退しているとの事でイベントのレベルの高さがうかがい知れます。

ウイメンズは、過去の同イベントで立て続けにクオーターファイナル以上まで駒を進めているセイジ・エリクソンが勢いに乗っています。しかし、そんなセイジはワールドツアーから脱落したばかりで、再びのツアー入りを果たすためにも、ここでは優勝しておきたいところ。本人は「とにかくサーフィンに集中していて、ツアーサーファーに近いレベルまで達してきている」と、自分のサーフィンを分析し、自信を持ってヒートに臨んでいます。


スポンサーリンク


コンテストの関連記事
  • 2014年度ASPメンズワールドツアー:タイトルレースのシナリオ1
  • 2014年度ASPメンズワールドツアー第七戦ビラボン・プロ・タヒチのトライアル
  • 2014年度ASPメンズワールドツアー第九戦クイックシルバー・プロ・フランス:二日目ハイライト
  • まさかのノースポイント開催決定!明日から始まる2017年マーギーズプロとトライアル結果
  • 2015年パイプマスターズのトライアルヒート表&ハワイの波予報
  • 2016年WCT初戦「クイックシルバー&ロキシー・プロ・ゴールドコースト」:最終日ハイライト

この記事が気に入ったら
フォローしよう

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事