何としてもサーフィンしたくて生まれたアルゼンチンの極小リバーサーフィン事情

シェア(記事を気に入ればお願いします)

海から遠く離れエリアで暮らすサーファーが、何とかしてサーフィンしたいと思い始まったリバーサーフィン。川幅や水流などにより、切り立つ波のフェイスが異なり、リバーサーフィンに適しているかどうかが決まります。

しかし、別にリバーサーフィンに適していなくても良いからサーフしたいという熱い思いを持っていたのが、アルゼンチンでリバーサーフィンのパイオニアであるレアンドロ・マチュラノとベト・プラテロ。

海から400キロ離れたエリアに暮らす二人が、リバーサーフィンの場として選んだのはメンドサ川。ただ、メンドサ川の波は、世界最小クラスという厳しいコンディション。そこで、少しでもコンディションを良くしようと、金属の壁のようなものを置いて水の流れを狭めたり、ビギナーでも楽しめるようにロープを張ったりと工夫を凝らして楽しんでいます。

ただ、一番の難点はライディングできる場所が、低い橋の付近という点。ライディング中も体を屈めなければならないし、変なワイプアウトをすれば頭をぶつける恐れもあり・・・。障害は諸々ありますが、本人たちは楽しんでいるのでアリでしょうね!


スポンサーリンク


シェア(記事を気に入ればお願いします)

フォロー(更新情報のチェックはこちら)