サーフィン界のニュージェネレーションとして、若手を牽引していくであろうノア・ディーン、クレイグ・アンダーソン、ジャック・フリーストーン。3人共に注目を集めているにもかかわらず、それぞれに異なる道を歩み、独自のカラーを放っている点が興味深いです。

コンテストの道を外れ、ペインティングやフィルミングといったクリエイティブな活動を楽しむフリーサーファーのノア(19歳)。若手フリーサーファーながら、その実力はデーン・レイノルズも認める逸材で、デーンの新作ムービー「Loaded」に起用されています。サーフスタイルは、勢いのある派手なマニューバが特徴。

ボヘミアンな雰囲気で、ロブ・マチャドやラスタを彷彿させるクレイグ・アンダーソン(25歳)。スタイリッシュにオルタナティブボードに乗る姿が特徴的で、独特なオーラを持っていますね。クレイグもまた、デーンお気に入りのサーファーで、デーンの前作「Slow Dance」でメインサーファーとして出演しています。シングルフィンに乗り、チョープーのバレルを滑走する姿もスタイルが出ていてクールです。

最近ではアラナ・ブランチャードのボーイフレンドとしても知られるジャック・フリーストーン(20歳)。2×ワールドジュニアチャンプに輝いたりと、バリバリのコンテストサーファーです。サーフスタイルにはすでに落ち着きがあり、安定したブレないサーフィンなので安心してコンテストでも見ていられますね。

今回の動画は、上記3名のフリーサーフシーンとなります。オープニングがノア、1:14~がクレイグ、1:45~がジャックです。


スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

おすすめの記事