• ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日
  • サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日
  • テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日
  • ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日
  • ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日
  • グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日
  • エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日

先日お伝えした2014年度ASPメンズワールドツアーのスケジュールが一部変更となりました。昨年度初開催となったバリ島クラマスでのイベントがなくなり、南アフリカのJベイ(ジェフリーズ・ベイ)でのコンテストが復活という事です。

1996~2011年までワールドツアーイベントの開催地であったJベイは、まさにドリームツアーの名にふさわしい波がブレイクします。分厚くてパワーのあるロングウォールがそそり立ち、バレルやドライブを利かせたレールターンが見栄えするため、昨今のエアーを武器にするサーファーよりも、パワフルなライディングを得意とするサーファーが有利です。

コンテストが開催されない日には、ツアーサーファーはサファリに出たりとアフリカ大陸らしいアクティビティを満喫し、ツアーサーファーとサーフファンのどちらからも愛されてきた会場だったので、非常に嬉しいニュースですね。

変更後のスケジュールは下記のリンク(公式サイト)からご確認ください。

ASPメンズワールドツアー


スポンサーリンク


コンテストの関連記事
  • 2015年度メンズWCT第八戦「ハーレー・プロ」&ウイメンズWCT第七戦「スウォッチ・プロ」:初日ハイライト
  • 未来のワールドツアーサーファーが集まるNSSAナショナル・チャンピオンシップ
  • 2015年度トリプルクラウン第二戦「バンズ・ワールド・カップ」:最終日ハイライト
  • シルヴァナ・リマが優勝!2017年ウイメンズCT第7戦「スウォッチプロ」最終日
  • 2014年度ASPウイメンズワールドツアー最終戦ターゲット・マウイ・プロ:最終日ハイライト
  • 2014年度ASPメンズワールドツアー第九戦クイックシルバー・プロ・フランス:初日ハイライト

この記事が気に入ったら
フォローしよう

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事