サーフィンの聖地オアフ島ノースショアでのエリック・ガイゼルマンのフリーサーフィン

シェア(記事を気に入ればお願いします)

ケリー・スレーターやホブグッド兄弟を輩出してきたアメリカ東海岸のフロリダ出身サーファーとして、東海岸出身サーファーの次世代を担うと期待されるエリック・ガイゼルマン(26歳)。父はシェイパーのグレッグ、弟はジュニアで活躍するエヴァンとバリバリのサーフィン一家です。

東海岸のサーフコミュニティから期待されているだけあり、3×ESAイースト・コースト・チャンピオン、5×NSSAイースト・コースト・チャンピオンと輝かしい戦歴でエリートコースを進んできました。しかし、なかなかワールドツアー入りするのは簡単ではないですね。数年前までは、世界のトップ44がワールドツアーを転戦していましたが、今ではトップ34しか参加できない狭き門へとルールが改定されましたので。

エリックのフリーサーフィンを見ている限りは、十分にワールドツアーでやっていけるスキルがあると思います。ただ、コンテストはまた別物のようです。波選びや試合の駆け引きなど、サーフスキル以外の面も多々求められますから。まぁ、現在のエリックは、去年や今年とWQSにほとんど出場しなくなったので、すでにワールドツアーに興味を失い、フリーサーファーとしてやっていくのかと思います。

今回の動画は、エリックのガールフレンドが撮影したものだそうです。最近は、動画を自前で撮影し、自分で編集してネット上にアップして自己発信するスタイルがごく当たり前となっていますね。サーフィンだけに専念できないのも大変かと思いますが、本人が編集するということでネット公開までの時間が短縮されるのは、見る側としては助かります。


スポンサーリンク


シェア(記事を気に入ればお願いします)

フォロー(更新情報のチェックはこちら)