• サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日
  • エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日
  • テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日
  • ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日
  • ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日
  • グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日
  • ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日

フランス側のバスク地方出身で現在はバリ島で暮らすユーゴ・オヤルザバル(27歳)。プロのフリーサーファーでありフィルムメーカーでもあるユーゴは、決まりきった型にはまるのは苦手らしく、自分のスタイルを貫いてサーフィンや撮影に取り組んできました。

その成果として、2012年度サーファーポールにおいてGoProアワードを受賞。つまり、GoProを使った自撮りのプロと公の場で認められたのです。

今回の動画は、ユーゴが昨年に取り溜めてきたバレル内からの映像をまとめたものとなります。サーフボードのノーズやテールにGoProを固定させての撮影は一般的ですが、ユーゴの映像の多くは自分の手でGoProを掴んでの撮影となり、より臨場感があります。実際にバレルに入っているような錯覚を覚えますよね。

GoProを持ったままどうやってテイクオフするのか疑問に思う方もいるかと思いますが、おそらく口にくわえたままパドル~テイクオフを行い、ボードに立ち上がってから手に持ち替えていると思います。

ケリー・スレーターなんかがよくやっているスタイルですね。ただ、不安定なバレルの内部から片手で撮影するのは非常に難しく、ここまでキレイに撮るのは容易ではないようです。


スポンサーリンク


 

  • 南アフリカで開催された2017年度「Ballito Pro」の様子を追ったスネークテールズ
  • 2017年クイックプロ@フランスのヒート中に発生していたハプニング映像
  • スマホアプリのサーフィンゲーム「RIDEBRO」
  • パイプマスターズ直前に炸裂したパイプラインをドローンで空撮@2015
  • ストリートスキーヤーの過激スタント!駐車場5階からのジャンプ
  • ESPN誌のBody Issueに4人目のサーファーとして選ばれたココ・ホー

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
フリーサーフ
日本から最も近い海外として、週末の弾丸トラベル先としても人気の韓国。日本とは時差もなく、羽田からなら2時間半、福岡からなら1時間のフライトと...