• ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日
  • ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日
  • テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日
  • ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日
  • エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日
  • グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日
  • サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日

サンフェルナンド・バレーで生まれた後、オレゴン州、マウイ島、オックスナードと転々と異なる環境で育ったニック・ローザ(26歳)。若い頃からサーフィンの才能に恵まれ、15歳でスポンサーが付くなど順調にサーフキャリアを形成していきました。

しかし、若くして成功すると避けて通れないのが誘惑。独身でお金も持っていたニックもご多分に漏れず、パーティー生活を送るようになり、次第にアルコールとドラッグに溺れていくことに。

そんな様子を見かねたスポンサーからは続々と契約を打ち切られ、どん底に落ちたニック。その直後、ガールフレンドから妊娠の知らせを受け、サーフィンから離れて父親の仕事を手伝う生活を送るようになりました。

新しい生活にも慣れたある日、ニックの旧友でフィルムメーカーのクリス・パパレオがサーフィン撮影をしようと口説きます。サーフィンから離れていたニックは、体重も増え動きが重くなっていたものの、徐々に勘を取り戻してサーフィンの切れを取り戻すことに。

そして、撮影された映像がネットにアップされ、その映像を見たケリー・スレーターが「スポンサーの付いていないサーファーでは世界ナンバー1だね」とツイート。ケリーの一声でニックは再び注目を浴びるようになり、以前のスポンサーとも再度の契約に至りました。まるで映画のようなストーリーですね。

今回の動画は、そんな波乱万丈の人生を送ってきたニックの最新動画となります。どん底から復帰後のニックは、他にも様々なストーリーがありますので、今後も新作が出る毎にご紹介していきたいと思います。


スポンサーリンク


フリーサーフの関連記事
  • AFENDSからのウェルカム動画:ギャレット・パークス
  • ノースショアでひたすらバレルに包まれるクリス・ワード
  • ワールドツアーイベント終了直後から炸裂したゴールドコースト
  • タジ・バロウ
    地形が良くなる一方のスナッパー@2016!再びのトッププロセッション
  • 地元レノックスヘッドでフリーサーフ:アダム・メリング
  • 個性派サーファー/アンドリュー・ドヘニーのメタルネック最新作の未使用動画

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事