• グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日
  • テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日
  • ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日
  • ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日
  • エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日
  • サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日
  • ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日

本日のスナッパー・ロックスは、公式サイトによる波のサイズ2~3フィートの中、ウイメンズのクオーターファイナルが消化されました。これで、ウイメンズはセミファイナルとファイナルを残すのみとなったので、次回の開催がファイナルデーとなりそうですね。

コンディションの整ったヒート1では、ステファニー・ギルモアがキレのあるターンでラウンドアップを果たします。やはり、オープンフェイスでの勝負には強いですね。

ヒート2はコンスタントに波が入らなくなり、カリッサ・ムーアとマリア・マニュエルのいずれもハイスコアを出せず、厳しい戦いとなりました。一本でも良いセットに乗れば、どちらが勝ってもおかしくない展開の中、ワールドチャンプのカリッサが何とか勝利をものにしました。この結果を受け、セミファイナルではステファニーとカリッサの対戦が決まり、実質的なファイナルと個人的には考えています。

ヒート3では、今イベントで唯一勝ち残っているグーフィーフッターのビアンカ・ビュイテンダグが、ディフェンディングチャンプのタイラー・ライトを破る大金星を挙げました。

ヒート4では、昨年の同イベント2位のサリー・フィッツギボンズがリードを続けて勝利と思われましたが、最後の最後でレイキー・ピーターソンが8ポイント台を叩き出しての逆転勝利。レイキーのターンは、多少軽く見られるかもしれませんが、板の回転が凄まじく早い点がカッコいいですね。もしかしたら、優勝もありえるかもしれません。


スポンサーリンク


コンテストの関連記事
  • 2016年WCT第二戦「リップカール・プロ・ベルズ・ビーチ」:最終日ハイライト
  • 2014年度ASPワールドツアー第四戦ビラボン・リオ・プロ&リオ・ウイメンズ・プロ:四日目ハイライト
  • シルヴァナ・リマ優勝の2017年QS6,000@ロスカボスとウイメンズQSランクの現状
  • 2016年WCT第四戦「オイ・リオ・プロ」:五日目ハイライト
  • 「Red Bull Cape Fear」が世界一危険なサーフイベントの理由を数字から分析
  • フィリペ・トレド バックドア
    2015年度メンズWCT最終戦「ビラボン・パイプマスターズ」:二日目ハイライト

この記事が気に入ったら
フォローしよう

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事