• エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日
  • ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日
  • サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日
  • ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日
  • ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日
  • グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日
  • テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日

日本では、台風シーズンになるとサーファーはそわそわしながら天気図チェックを欠かさない日々を送りますが、毎年のように台風被害にあえぐエリアで暮らす人にとっては、不安材料以外の何物でもないかと思います。

先日、カリフォルニア州サンタバーバラに大型ストームが接近し、ビッグウェイブをもたらしました。ビッグウェイブサーファーは、まさに仕事とばかりにベストスポットを検討し、心踊らせていた事でしょう。しかし、その一方では恐ろしい被害が・・・。

現場となったのは、サンタバーバラのピア付近にあるオーシャンビューが自慢のレストラン「モビー・ディック」。朝食を楽しみにやってきたお客さんたちは、ピアにヒットするビッグスウェルを眺めていたそうです。すると、高波に加えて高潮の影響で波はどんどん大きくなり、仕舞いにはレストランへと襲いかかり、窓を破って店内まで浸水する惨事となりました。しかし、幸いにも怪我人は出なかったとのことです。

奇しくも、先月2月には、イギリスのコーンウォールにあるオーシャンビューのレストランでも同様の被害を受けていますが、こちらは安全のために被害当日はお店を休業にしていたとのこと。こう考えると、モビー・ディックも安全策を取って然るべきだったのではと考えてしまいます。


スポンサーリンク


ニュースの関連記事
  • ポルトガルでQS10,000イベント終了!現時点の五十嵐カノアのWQSランクは?
  • レユニオン島
    シャークアタックが多発したレユニオン島で待望のサーフィン禁止令解除
  • Smartfin スマートフィン
    サーフィンするだけで海洋環境保護に協力できるセンサー内蔵フィン「Smartfin」
  • 賞金が支払われないブラジルWQSイベント:被害者となった現役WQSサーファーの声
  • ミック・ファニングのおかげで最悪の事態回避!アヴォカビーチでシャークアタック
  • ナショナルジオグラフィック協会主催「Adventurers of the Year」にノミネートされたグレッグ・ロング

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事