21Days エイドリアン・バッカン&マット・ウィルキンソン:エピソード3

シェア(記事を気に入ればお願いします)

今回お届けする動画は、昨年からシリーズ化されているレッドブルの21Daysとなります。概要としましては、ワールドツアーサーファー2名をフィーチャーし、特定のツアーイベント開始までの21日間を追ったドキュメンタリーとなります。ツアーサーファーがどのような生活を送っているのか、ツアーイベント前にはどのようなトレーニングをしているのかを垣間見ることができます。

21Days エイドリアン・バッカン&マット・ウィルキンソン:エピソード1

21Days エイドリアン・バッカン&マット・ウィルキンソン:エピソード2

今回のサーファーは、エイドリアン”エース”バッカンにマット”ウィルコ”ウィルキンソンという二人のグーフィーフッター。どちらも、オーストラリアのニューサウスウェールズ州セントラルコースト出身のツアーサーファーです。

スナッパーでのイベント前、エースは地元で最後の調整。元アイアンマンであるトレーナーと一緒に水泳をしていますが、トレーナーの方がへばっています。怪我でサーフィンから離れていても、ハードなトレーニングをしていた証拠ですね。ウィルコは早めにゴールドコースト入りし、ボードスポンサーであるダレン・ハンドレーの工場でボードをピックアップし、テストライドに励みます。

スナッパー入り後のエースは、元ワールドチャンプでありASPのトップを務めていた大先輩のウェイン”ラビット”バーソロミューと合流し、会話を交わしたり一緒にサーフする事でアドバイスをもらいます。ウィルコはコーチとスナッパーで合流し、どういったライディングの組み合わせがいいのかといったアドバイスをもらいます。どちらのサーファーも、これで最終調整は終了。ベストな状態で迎えるイベント結果ははたしてどうなるのでしょうか?


スポンサーリンク


<注>デバイスによっては動画が見れない場合もありますので、あらかじめご了承下さい。

シェア(記事を気に入ればお願いします)

フォロー(更新情報のチェックはこちら)