• サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日
  • エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日
  • ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日
  • グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日
  • ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日
  • ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日
  • テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日

オーストラリア出身のディーン・ボーエン(22歳)。ジュニア時代には、2009年度ISAワールド・ジュニア・チャンプに輝いたり、2011年にはハーレー・プロジュニアで優勝したりと、素晴らしいコンテストキャリアを築いてきました。

今でもコンテストには参戦していますが、ディーンの情熱はビッグウェイブにあり、20歳であった2010/2011シーズンには、ビッグウェイブサーフィン界の一大イベント「ビラボンXXLアワード」において、ビッゲスト・パドルイン部門を受賞。

つまり、同シーズンにおいて、パドルイン(ジェットスキーの助けなしに自分のパドルのみで波に乗ること)で最も大きな波に乗ったのです。その結果を受け、世界的にビッグウェイブサーファーとして認められる事となります。

そんなディーンが過去数年に世界中で乗ってきたビッグウェイブの映像をまとめたものが、今回の動画となります。どのシーンも凄まじいのですが、やはりラスト4:47~のチョープーでのトウインがヤバいです。

すべての水が海底からめくり上げられたように波が隆起し、分厚すぎるリップが真横に飛んでます。これだけ水が持ち上げられているということは、水深もメチャクチャ浅いでしょうね・・・。


スポンサーリンク


ビッグウェイブの関連記事
  • 2016年ピアヒ・チャレンジでマウイ島に集まったビッグウェイブサーファーのフリーセッション
  • スキムボードの天才児ブラッド&パイプラインの申し子ジェイミーによるスーパーセッションinメキシコ
  • 歴史的ビッグスウェルがハワイを襲った2月25&26日@マウイ島ジョーズ
  • タヒチのチョープーで発生した昨年のワイプアウト特集
  • 今シーズン最大級スウェルが到来した南アフリカのケープタウン
  • 今シーズン初の本格的なセッションとなった北カリフォルニアのマーヴェリックス

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事