Who is JOB 4.0:エピソード1

シェア(記事を気に入ればお願いします)

今作でシリーズ第三弾を迎える人気作品のWho is JOB。タイトル通り、オアフ島ノースショア出身でパイプラインの申し子とも言えるジェイミー・オブライエンを筆頭に、ジェイミーが仲間と一緒に遊びを追求しすぎて、傍から見たらアホと思えることばかりにチャレンジする内容となっています。ただ、海で見せるジェイミーの遊びは、常人では真似できないレベルなので必見です。

エピソード1の今回は、マウイ島ジョーズへとビッグウェイブを求めて移動。ミッションは、ジョーズのビッグウェイブをソフトトップ(日本ではスポンジボードやソフトボードと呼ばれています)で乗ると言うこと。

チャレンジャーは、ジェイミーにカラニ・チャップマンというビッグウェイブサーファーと、なぜかビッグウェイブサーファーではないジェイミーの友達であるプーピーズ。

ジェイミーは圧巻のライディングです。相当パワーのあるジョーズの波で、よくスポンジボードでレールを入れられるなと驚かさせます。一方、イジられキャラのプーピーズはお笑い班。

エントリー前に、ジェイミーから行くのか行かないのか迫られ、「もう行くしかないだろ」と半ば強制的にジョーズのラインナップに入り、必死に2本乗ったにも関わらず、ジェイミーからもう少しサイズのあるやつに乗るぞと言われ、チャージさせられてます(笑)。

海から上がったラストシーンでのプーピーズは、ホッとしながらもストークした様子で「すげー経験だったよ」なんて余裕が出てますね。


スポンサーリンク


シェア(記事を気に入ればお願いします)

フォロー(更新情報のチェックはこちら)