2度目のワールドタイトル獲得に至るまでのプロセス:カリッサ・ムーア

シェア(記事を気に入ればお願いします)

「翼をさずける」で知られるレッドブル。そのレッドブルと、チームライダーであるカリッサ・ムーアが、2度目のワールドタイトルに向け、どのような取り組みを行っていたのかをまとめた映像が、今回の動画となります。

カリッサがレッドブルに「絶対にワールドタイトルを獲りたいから、ベストを尽くしたいの」と告げ、レッドブルが「それなら、実現させよう」と返答したことでプロジェクトはスタート。

レッドブルは、クリエイティブなアプローチでカリッサの夢実現に向けての後押しをします。その中で、カリッサにとって大きなサポートとなったのは、4年前に紹介されたトレーナーの存在。

トレーナーは、カリッサの内に秘めた動物的本能を見抜き、ボクシングをする事で、カリッサを追い詰めて恐怖心を感じさせ、その本能を引っ張り出すそうです。

また、トレーナーによると誰でも肉体面を完璧に鍛え上げることはできるけど、カリッサのいる世界では精神力が重要とのこと。そういったトレーニングにより、心技一体となったカリッサは敵なしと言います。

カリッサ本人は、一度目のワールドタイトル獲得後はすでに目標を達成してしまったので、2012年はなかなか気持ちのやり場を失い、コンテストにも勝てなくなったと言います。

それだけに、2度目のワールドタイトル獲得は格別な思いだったとのことです。何事も明確な目標を持つことが原動力となりますが、目標達成後もさらに持続させるのは、カリッサほどのサーファーであっても簡単な事ではないのですね。


スポンサーリンク


シェア(記事を気に入ればお願いします)

フォロー(更新情報のチェックはこちら)