21Days タジ・バロウ&ジョシュ・カー:エピソード3

シェア(記事を気に入ればお願いします)

今回お届けする動画は、昨年からシリーズ化されているレッドブルの21Daysとなります。概要としましては、ワールドツアーサーファー2名をフィーチャーし、特定のツアーイベント開始までの21日間を追ったドキュメンタリーとなります。ツアーサーファーがどのような生活を送っているのか、ツアーイベント前にはどのようなトレーニングをしているのかを垣間見ることができます。

21Days タジ・バロウ&ジョシュ・カー:エピソード1

21Days タジ・バロウ&ジョシュ・カー:エピソード2

ツアー二戦目を一週間前にして、子供たちのためにゴールドコーストからカリフォルニアへ戻ったカージー。ウェイクボードを楽しんでいますが、すぐにオーストラリアへ戻ることになるのでタイトなスケジュールです。しかし、家族との時間は貴重なので、当たり前の日常とのこと。

一方のタジは、コンテストの前にトレーナーと共に「デス・セット」と呼ぶハードなトレーニングに励みます。タジ曰く「かなりキツいけど、死ぬわけじゃないからね」とのこと。

オーストラリアに戻ってきたカージーはタジと合流。コンテストスタートから6フィート(ダブルオーバー)の予報で、最高のコンディションだよと話しています。その後、二人がファイナルで対戦した2010年度ドラッグ・アウェア・プロの話題に。タジがライド中にウォーターフォトグラファーが邪魔だったなど盛り上がります。ヒートは、早い段階で8ポイント台を二本出したタジの優勝と思われましたが、カージーがストレートエアーとエアリバースでパーフェクト10を出し、勢いそのままに逆転優勝。このASPイベント初優勝を機に、カージーはコンテストサーファーとしての自信を取り戻したと言います。


スポンサーリンク


<注>デバイスによっては動画が見れない場合もありますので、あらかじめご了承下さい。

シェア(記事を気に入ればお願いします)

フォロー(更新情報のチェックはこちら)