• ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日
  • サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日
  • ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日
  • ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日
  • テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日
  • グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日
  • エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日

ダーバン(南アフリカ)出身のスレイド・プレストウィッチ(19歳)。最近のサーファーとしては遅めの10歳でサーフィンを始めるものの、メキメキと頭角を現すことに。

昨年はフィジーのクラウドブレイクで開催されたVQSグローバル・チャンプスに南アフリカ代表として出場して優勝を果たしたりと、プロジュニアとして順調なキャリアを築いています。そんな戦歴のおかげで、次期ジョーディ・スミスと大きな期待が寄せられています。

今回の動画は、そんなスレイドが母国である南アフリカをロードトリップした際の映像となります。クイックシルバーがスポンサーに付くだけあり、すでにスタイルが完成されています。

この年代のサーファーなら基本ではありますが、ビッグターン、フィンアウト、エアリバースといったレパートリーは完璧ですね。ただ、ジョーディほどのレベルに向かうなら、見ていて思わずギャラリーを唸らせるような爆発力が必要な気がします。

どのライディングも安定してまとまっているのですが、予想の範囲を超えないライディングに感じてしまいます。自分のレベルは棚に上げての話ですが・・・。ただ、まだ18歳なので大きく化ける可能性は高いですね。


スポンサーリンク


サーフトリップの関連記事
  • 進め!ケパ・アセロ:アフリカ編2
  • ビラボン若手ライダーによるレイキーピークでのフリーセッション
  • インドネシアを訪れたウィルコとガブリエル・メディナのサーチトリップ@Gランド
  • ジャワ島パチタンのヘビーブレイク:ジェイ・デイヴィス
  • トレン・マーティン
    ジャワ島&ロンボク島でスタイリッシュなツインフィンサーフ動画:トレン・マーティン
  • ビアンカ・ビュイテンダグがスケルトンベイで女性サーファー初!?チャージ動画

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事