スウェルが当たり年となった今冬のスペインでフリーサーフ:アリッツ・アランブル

シェア(記事を気に入ればお願いします)

スペインのバスク地方出身でワールドツアーサーファーのアリッツ・アランブル。ビッグスウェルが矢継ぎ早に入り大当たりとなった今冬のバスク地方で、アリッツがフリーサーフする映像が今回の動画となります。アリッツの人物像については、下記リンクを参照してみて下さい。

ワールドツアーサーファー紹介 メンズno.28:アリッツ・アランブル

今年は、フランスのベルハラやポルトガルのナザレ、それにイギリスなどヨーロッパ各地で繰り広げられたビッグウェイブセッションの映像が、幾度となくネット上にアップされていました。

大きな要因としては、これまでにビッグウェイブセッションの舞台であったマウイ島ジョーズやオアフ島ワイメアが、ここ数年はモンスタースウェルが押し寄せていないので、世界的に有名なビッグウェイブサーファーが頻繁にメディアを連れてヨーロッパを訪れた事が挙げられるでしょう。

ヨーロッパが大当たりという事で、もちろんアリッツのホームであるバスク地方もビッグスウェルに恵まれました。動画前半のライトハンダーは、かなりのサイズの波ですね。その後すぐに、ワールドクラスのロングレフトとして知られるムンダカに変わります。ロングレフトというものの、波のブレイクは早いのでメイクするのは非常に困難。

しかし、バックサイドチューブライディングに定評のあるアリッツだけに、簡単そうにメイクしています。1:36~のエアドロップから波の形に合わせたお手本のような体勢の作り方などは参考になるかと思います。


スポンサーリンク


シェア(記事を気に入ればお願いします)

フォロー(更新情報のチェックはこちら)