• ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日
  • エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日
  • ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日
  • テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日
  • サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日
  • ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日
  • グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日

アメリカ西海岸のフロリダ出身のダミアン・ホブグッド(34歳)。双子のCJと共に、ワールドツアーサーファーとして活躍していたサーファーです。

残念ながら、今シーズンはツアー落ちしてしまいましたが、2000年から14年間に渡ってワールドツアーに参戦していた実力派であり、ワールドツアーの歴史においても選手生命の長さの点では数少ないサーファーではないでしょうか。ちなみに、CJの方は今シーズンもワールドツアーに参戦しています。

グーフィーフッターであるダミアンの代名詞と言えば、ヘビーウォーターでのライディングです。スウェルが大きくなればなるほど真価を発揮し、バックサイドとなるライトハンダーのJベイで見せるビッグターン、フィジーのクラウドブレイク、タヒチのチョープー、ノースショアのパイプラインでのチューブライドが際立っています。面白い点として、この特徴は双子のCJと同じで、二人のライディングは酷似しているので違いが全く分からないほどです。

今回の動画は、そんなダミアンを今年四半期にカリフォルニア沿岸で撮影した映像の数々となります。前半部では、フロントサイドの小波でリラックスサーフとなりますので、見所はコンディションがヘビーな後半部となります。


スポンサーリンク


フリーサーフの関連記事
  • シャークアタック対策で揺れるレユニオン島とエイドリアン・トヨンの2017年新年セッション
  • WA州北西部でフリーサーフ:クレイ・マルゾ
  • マウイ島ローカルが行くタバルア島(フィジー)のクラウドブレイク
  • ペルーでマニューバ重視のフリーサーフ:ヤゴ・ドラ
  • ジャック・フリーストーン&ディロン・ペリロのカボセッション
  • 今季初となる北スウェルが入った南米ペルーのカボ・ブランコでバレルセッション

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事