2010~2012年の三年連続でツアーランク2位と、ワールドチャンプへ後一歩の位置に付けているサリー・フィッツギボンズ。母国オーストリアでは、その健康美からモデルとしての仕事もこなしたりと幅広い活躍をし、サーファーガールの新たなロールモデルとして世界的に人気を集めています。今回は、そんなサリーを追ったシリーズ「サリー・ストーリー」をお届けします。

エピソード1となる今回は、サリーのスポンサーイベントであり、ワールドツアー初戦の2013年度ロキシー・プロが舞台。シーズンスタートの大事な初戦とあって、誰もが緊張する中、サリーは絶対に優勝すると強い気持ちを持ち、ファイナル進出を果たします。ファイナルの対戦相手は、同じくオーストラリア出身のタイラー・ライト。白のラッシュガードがサリー、黒のラッシュガードがタイラーです。

オープニングライドでハイスコアを出したサリーは、最後までリードしていましたが、残り30秒ほどの終了間際、タイラーが最後のライディングで逆転優勝を果たすことに。あまりに悔しく、込み上げる感情を抑えることができなかったため、なかなか表彰台には登場できなかったと言います。


スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

おすすめの記事