• テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日
  • ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日
  • ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日
  • エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日
  • サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日
  • ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日
  • グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日

現地時間4月19日(オーストラリア/ヴィクトリア州)、2014年度ASPワールドツアー第三戦リップカール・プロ・ベルズ・ビーチのメンズのラウンド1とラウンド2のヒート2まで開催されました。

会場のベルズ・ビーチは、公式サイトによる波のサイズは4~6フィートと、波予報通りにサイズアップしました。しかし、現在のベルズは朝一以外は潮が上がる潮回りのためか、ベルズらしいコンディションとはならず、コンディションは悪化の一方でした。

コンディションは物足りないものの、ランキング上位のトップサーファーは順当にラウンドアップを果たしました。特に、ミック・ファニング、ジョーディ・スミス、オーウェン・ライト、ビード・ダービッドが好調。

逆に、勝ち上がったものの、ケリー・スレーター、ジョエル・パーキンソン、ガブリエル・メディナは負けてもおかしくないほどロースコアでした。ケリーに関しては、普段の爆発力が全く見えず、とても抑えたサーフィンをしているように見えました。

ボードの調子が良くないのですかね!?コメンテーターは、ケリーのボードが短すぎるから、普段ならメイクできるアクションでもワイプアウトしていると指摘していました。


スポンサーリンク


コンテストの関連記事
  • 2014年度ASPウイメンズワールドツアー第八戦ロキシー・プロ・フランス:二日目ハイライト
  • 2016年WCT第四戦「オイ・リオ・プロ」:最終日ハイライト
  • 2016年WCTウイメンズ最終戦「マウイ・ウイメンズ・プロ」のイベント情報
  • タイラー・ライトが優勝!2016年WCT第七戦「スウォッチ・ウイメンズ・プロ」最終日
  • 2015年度メンズWCT第七戦「ビラボン・プロ・タヒチ」:四日目ハイライト
  • 2015年度メンズWCT第六戦「Jベイ・オープン」:初日ハイライト

この記事が気に入ったら
フォローしよう

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事