2014年度ASPワールドツアー第三戦リップカール・プロ・ベルズ・ビーチ:二日目ハイライト

シェア(記事を気に入ればお願いします)

現地時間4月19日(オーストラリア/ヴィクトリア州)、2014年度ASPワールドツアー第三戦リップカール・プロ・ベルズ・ビーチのメンズのラウンド1とラウンド2のヒート2まで開催されました。

会場のベルズ・ビーチは、公式サイトによる波のサイズは4~6フィートと、波予報通りにサイズアップしました。しかし、現在のベルズは朝一以外は潮が上がる潮回りのためか、ベルズらしいコンディションとはならず、コンディションは悪化の一方でした。

コンディションは物足りないものの、ランキング上位のトップサーファーは順当にラウンドアップを果たしました。特に、ミック・ファニング、ジョーディ・スミス、オーウェン・ライト、ビード・ダービッドが好調。

逆に、勝ち上がったものの、ケリー・スレーター、ジョエル・パーキンソン、ガブリエル・メディナは負けてもおかしくないほどロースコアでした。ケリーに関しては、普段の爆発力が全く見えず、とても抑えたサーフィンをしているように見えました。

ボードの調子が良くないのですかね!?コメンテーターは、ケリーのボードが短すぎるから、普段ならメイクできるアクションでもワイプアウトしていると指摘していました。


スポンサーリンク


シェア(記事を気に入ればお願いします)

フォロー(更新情報のチェックはこちら)