現地時間4月22日(オーストラリア/ヴィクトリア州)、2014年度ASPワールドツアー第三戦リップカール・プロ・ベルズ・ビーチのウイメンズのラウンド4~クオーターファイナルが開催されました。会場のベルズ・ビーチは、公式サイトによる波のサイズは2~4フィート。

本日初ヒートとなるラウンド4ヒート1のコートニー・コンローグvsマリア・マニュエルは、突如、コートニーが出場辞退となり、対戦する事なくマリアのラウンドアップとなりました。理由は、前日のフリーサーフ中にコートニーは足首を痛め、ヒート直前まで何とか出場しようと粘ってみたものの、サーフできるコンディションには戻らなかったと、悔しそうに語っていました。

セミファイナル行きを決めたのは、ステファニー・ギルモア、カリッサ・ムーア、タイラー・ライト、サリー・フィッツギボンズの4名。多少の変動はあれど、いつもの顔ぶれといった感じです。ウイメンズに関しては、波のサイズが頭以上でパワーのあるコンディションになると、サーフスキルの違いが大きく出てきますね。

今シーズンは、勝敗が運に左右される要素が強い小波ビーチブレイクでのイベント開催が多かった昨シーズンと異なり、ウイメンズもメンズ同様のグッドウェイブがブレイクするエリアでの開催が増えているので、はっきりと明暗が分かれてくると思います。それだけ良い会場で開催されるのも、ウイメンズのレベルが格段に上がったからであり、ギャラリーとしてはハイレベルなサーフィンを見れるので嬉しい事ですね。


スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事