コンテストよりビッグウェイブ優先のクレイ・クランダル

シェア(記事を気に入ればお願いします)

カリフォルニア州ハンティントン・ビーチ出身のクレイ・クランダル(21歳)。個性的なキャラが集まるロスト・サーフボードのライダーで、ビッグウェイブ好きというサーファーです。

世界中のビッグウェイブを追いかけているため、あまりコンテストには参加しないものの、昨シーズンはNSSAイベントに二回だけ参戦し、いずれも優勝というオールラウンドな才能を持っています。

今回お届けする動画は、そんなクレイがメキシコのプエルト・エスコンディードやハワイにて、ビッグウェイブにチャージする映像となります。

数年前であれば、フリーサーファーの道を選ぶタイプはエアーを得意とするサーファーが多かったのですが、近年ではビッグウェイブサーフィンの道へと進むサーファーが増えました。

昨年、サーフィンのワールドツアーを運営するASPが買収したBWWT(ビッグ・ウェイブ・ワールド・ツアー)の影響により、ビッグウェイブサーフィンへの注目が年々高まっている影響かもしれませんね。


スポンサーリンク


シェア(記事を気に入ればお願いします)

フォロー(更新情報のチェックはこちら)