• サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日
  • テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日
  • グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日
  • ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日
  • ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日
  • エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日
  • ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日

過去のサーフムービーを振り返ってみると、金字塔となった作品はやはりテイラー・スティール監督が1992年にリリースした「Momentum」と言えるのではないでしょうか。

駆け出しの頃のテイラー監督は、友達であったロブ・マチャドを介し、当時は20歳前後であったケリー・スレーター、ロス・ウィリアムス、シェーン・ドリアン、テイラー・ノックス、カラニ・ロブ、ベンジ・ウェザリーなどといった若手サーファーばかりを作品に起用。

すると、爆発的ヒットとなり、その後も新たな若手サーファーを出演させ、テイラー監督の作品に出ることで出演サーファーの知名度が高まったりと、コンテストシーン以外で注目を集める場となりました。

ネット映像が普及していなかった当時、テイラー監督の作品は年に一回のペースでリリースと、最先端ライディングをチェックするのに、かなりのタイムラグがありました。

しかし、現在はコンテスト映像なども、24時間以内に編集しアップされる時代。サーファーは自分を売り込むため、家族や自分で雇ったフィルマーに撮影してもらい、有名サーファーでない限りは自分で編集も手掛けてネットで公開する時代となりました。

そんなネット動画戦国時代において、個人ではなく、チームとして映像を提供をしているサイトがあります。それが「MetalNeck.tv」。メンバーは、アンドリュー・ドヘニー、フォード・アーチボルド、クリード・マクタガート、コリン・モランなどといった若手主体です。

同メンバーのいずれかが登場する映像を、メタル・ネックの作品として公開しているわけです。果たして、メタル・ネックが新たなムーブメントになるのか楽しみなところです。

今回紹介する動画は、もちろんメタル・ネックのコリン・モランが、コスタリカへとサーフトリップした際の動画となります。


スポンサーリンク


  • ポンペイのPパスでビッグバレルを当てたソリ・ベイリー
  • デュラン・バーがレイトシーズンのインドネシアを2016/10から2カ月サーフトラベル
  • 北極圏近くのアイスランドへとサーフトリップ
  • 3名のWCTサーファーによるスンバワ島トリップ パート1:マット・ウィルキンソン
  • アリッツ・アランブルを含むスペイン人サーファーのトリップ動画@スケルトンベイ
  • コナー・オレアリーなど5名のオージーが当てたメンタワイ(インドネシア)トリップ

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事