• テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日
  • ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日
  • ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日
  • ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日
  • グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日
  • サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日
  • エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日

元ワールドチャンプであるオッキーことマーク・オクルーポの息子「ジェイ・オクルーポ」が、11歳にしてビラボンと2年間のスポンサー契約を交わしました。オッキー本人がビラボンと初契約を交わしたのは、30年以上前の14歳の時のこと。つまり、オッキーの息子は、お父さんより3年早い契約となります。

オッキーによると、ジェイ君がサーフィンを始めたのは3歳の時であり、自身がサーフィンを始めた年齢より早いので、スポンサー契約がオッキーの年齢より若いのは納得とのこと。

ジェイ君は、波さえあれば一日6~7時間は海で過ごしていると言います。また、波がなければ、スケートをするという横乗り漬けの日々を送っているとのこと。

気になるのは契約内容ですよね。昔であれば、若くして大金を手に入れても、期待に応える事が出来ず、サーファーとしてのキャリアを潰すキッズもいたそうです。そのため、オッキーいわく、現在の大企業はキッズの可能性を潰さないためにも、大金を与えるような事はしないと言います。実際、ジェイ君の契約内容は、サーフィンのコーチング費用の負担、それとアパレルの物資提供とのことです。

当然、オッキーの息子だからビラボンと契約できたという側面はありますが、今後の契約更新は本人の活躍に懸かってきますので、期待に沿うサーファーと成長するのか楽しみですね。


スポンサーリンク


ニュースの関連記事
  • オアフ島(ハワイ)パイプラインで意識不明となったプロサーファーの救出劇
  • メンタワイ(インドネシア)で施行された「サーフィン税」の内容とは!?
  • サーファーの足元に潜むシャークの群れ
  • 訃報:リカルド・ドス・サントス
  • リプレイスメント出場サーファーの活躍で混乱の2016年WCTを一旦整理
  • クライマックスへと突入する2014年度パイプマスターズの開催予報

この記事が気に入ったら
フォローしよう

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事