2010~2012年の三年連続でツアーランク2位と、ワールドチャンプへ後一歩の位置に付けているサリー・フィッツギボンズ。母国オーストリアでは、その健康美からモデルとしての仕事もこなしたりと幅広い活躍をし、サーファーガールの新たなロールモデルとして世界的に人気を集めています。今回は、そんなサリーを追ったシリーズ「サリー・ストーリー」をお届けします。

サリー・ストーリー シーズン2エピソード1:サリー・フィッツギボンズ

サリー・ストーリー シーズン2エピソード2:サリー・フィッツギボンズ

サリー・ストーリー シーズン2エピソード3:サリー・フィッツギボンズ

2013年度ロキシー・プロ・フランスのファイナルで、再びタイラー・ライトと対戦する事になったサリー。ツアー初戦のファイナルでは逆転負けとなったので、今回は絶対に負けられない思いで臨みます。

ハイスコアを二本揃え、大幅なリードを取ったサリーに対し、タイラーはウイメンズサーファーではあまり見ることのないエアーでパーフェクト10を獲得して形勢逆転。

しかし、強い気持ちを持ったサリーは、残り5分を切った状況で乗った波で、前回のリベンジとばかりに逆転を果たし、ついにシーズン初の優勝を飾りました。

しかし、ワールドチャンプを目標に掲げるサリーにとって時はすでに遅く、タイトルレースはタイラー・ライトvsカリッサ・ムーアの構図に。

次戦の最終戦で、サリーがクオーターファイナルでタイラーを下したことで、カリッサのワールドタイトルが確定し、サリーはツアーランク3位となりました。何としてでもタイトルを獲得したかったサリーにとって、再び悔しいシーズンとなってツアーは終了。


スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

おすすめの記事