オーストラリアNSW州シドニーにて、ベストスウェルが入った時に開催予定となっているビッグウェイブイベント「レッドブル・ケープ・フィア」。招待サーファーの中で、オーストラリア出身者以外のサーファーをアウトサイダーと称し、そんなアウトサイダーを紹介するのが今回の動画となります。

アウトサイダーは映像順に、ブルース・アイアンズ、シェーン・ドリアン、ジェイミー・オブライエン、マクア・ロスマン、アレックス・グレイ。

ブルース:3×ワールドチャンプの故アンディを兄に持つ元ワールドツアーサーファーで、パイプマスターに輝いたり、ワイメアで初サーフとなったエディイベントで優勝の偉業を達成しています。

シェーン:11年に渡りワールドツアー生活を送った後、現在は世界中のビッグウェイブを追い続け、ビラボンXXL「Ride of the Year」部門の受賞経験があります。

ジェイミー:オアフ島ノースショア育ちで、ジェイミーにとって庭とも言えるパイプラインでのイベントでは複数回の優勝を果たしています。

マクア:ジェイミーと同じくノースショア育ちのマクアは、18歳の時に66フィートの波にチャージ。その結果、エディイベントで最年少招待サーファーとなります。

アレックス:2011年度サーファーポール(サーファーの人気投票)にて、「Best Barrel of the Year」を受賞。ビッグウェイブハントという生活に幸せを感じている筋金入りのビッグウェイブサーファーです。

興味深いのは、上記アウトサイダーは誰一人として、過去にケープ・フィアでサーフした経験がない点。果たして、アウトサイダーとオージーのどちらから優勝者が出るのかも、楽しみなポイントとなりますね。


スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

おすすめの記事