• グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日
  • エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日
  • ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日
  • ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日
  • テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日
  • サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日
  • ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日

タスマニア出身のマイキー・ブレナン。出身がタスマニアであり、本人はビッグウェイブフリークであるため、シップスターン・ブラフが世界で一番好きなサーフスポットと言います。

ただ、平和にビッグウェイブを楽しんでいるばかりではありません。海底のリーフに叩きつけられ骨折したり、靭帯損傷など日常茶飯事で、過去の負傷歴をリストに挙げたら一枚の紙に書ききれないほどと言います・・・。

マイキーはアンダーグランドなサーファーではありますが、豪サーフィン・ライフ誌とオークリーが主催した2013/2014年度ビッグウェイブアワードのビッグウェイブ部門でファイナリストにノミネートされたりと、オーストラリアでは知られた存在です。

ちなみに、同アワードに提出されたラインディング映像を撮影した時のセッションでもまた、ワイプアウトから足を骨折したりと大怪我を負ったそうです。

今回お届けする動画は、そんなマイキーによるビッグウェイブでのライディング映像となります。撮影場所は、ほぼシップスターンとのこと。ラストシーンだけ、シップスターンではありませんね。以前にお届けした投稿「タスマニアのスモールチューブ疑似体験」と同じサーフスポットではないでしょうか。


スポンサーリンク


フリーサーフの関連記事
  • テレヴァ・デイヴィッド タヒチ
    メインスポンサーを求めるタヒチアンサーファー/テレヴァ・デイヴィッドのサーフ動画
  • 2014年パイプマスターズ最終日直前のフリーサーフ:ジョンジョン・フローレンス
  • ボルコムプロ開催直前に炸裂したパイプラインセッション動画@2017/1/27
  • コンテストサーフィンとは大違いのダスティやミッチなどのフリーサーフ@ポルトガル
  • スピードの観点からチェックするハリケーンセッション:デーン・レイノルズ
  • アリッツ・アランブルが4×バレルライド!元旦に炸裂したムンダカ(スペイン)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事