• グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日
  • サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日
  • テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日
  • ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日
  • ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日
  • ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日
  • エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日

前回に引き続き、最終回のエピソード3。エピソード1&2は、下記リンクを参照してみて下さい。

ロス・カボスの魅力 byアナスタシア・アシュリー&クリス・コート!エピソード1

ロス・カボスの魅力 byアナスタシア・アシュリー&クリス・コート!エピソード2

スタートにカボ・サーフ・ホテルを軽く紹介後、海の遊び場として、ラヴァーズ・ビーチとデヴォース・ビーチへ移動。カボサンルーカスの先端に位置する二つのビーチは、どちらも美しいビーチではあるものの、デヴォース・ビーチは少し危険な時もあるので注意が必要とのこと。

自然を満喫した後は、やはりパーティー。日が沈む前は、レストラン「ザ・オフィス・オン・ザ・ビーチ」で、軽くお酒を楽しんだり、マリアッチの演奏を楽しみます。日が沈んでからは、夜を楽しむべく、ライブや美味しい料理を楽しめる「バー・エスキナ」へ移動。観光客だけでなく、ローカルも集まるバーとの事です。

ラストは、6月16日から開催されるWQS6スターイベント「ロス・カボス・オープン・オブ・サーフィン」を、ロス・カボスの観光局が宣伝。ふざけたような内容でしたが、実は観光局が絡み、サーフイベントを通じて観光客を招致するためのプロモーション動画だったのです。面白いアイディアですね。


スポンサーリンク


サーフトリップの関連記事
  • スロブエアーが光るイーサン・オズボーンによるインドネシアのメンタワイトリップ
  • 一般サーファーも楽しめる!ベストウェイブに乗るならメンタワイ(インドネシア)
  • ミック・ファニングなどリップカールライダーのサーチトリップ@インドネシア
  • ニアス(インドネシア)のビッグバレルを当てたアリッツ・アランブル@2016/6
  • オジー、ノア、ミッチのインドネシアトリップ!ボルコムらしさ満載なエキセントリック動画
  • メンタワイ(インドネシア)を訪れたビアンカ・ビュイテンダグのフリーサーフィン動画

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事