レッドブル・ケープ・フィアに参加するローカルは、マーク・マシューズ、コビー・アバートン、リッチー・ヴァキュリク、ジェシー・ポロックという四名。四人は、出身地のマルーブラから名を付けたギャング「ブラ・ボーイズ」のメンバーで、過去には相当ヤンチャでした。

同イベントの開催地であるケープ・フィアは、彼らのローカルスポットであるため、自分たちのサーフスポットとして「アワーズ(Ours)」と名付けます。そのため、2007年、プロボディボーダーのミッチ・ローリンズがアワーズに入ると、「出てけ(fuck off)」と言われて口論となり、終いにはブラ・ボーイズのメンバーが手を上げる暴力沙汰になった事もあります。ただ、そんなスポットにも関わらず、イベント開催となるのは、ブラ・ボーイズの意識の変化、または大人になって丸くなったのかもしれませんね。

それでは、参加ローカルを順に紹介します。

マーク:ケープ・フィアでの経験地が最も高く、リーダー的存在。また、世界的にも認知されたビッグウェイブサーファー。

コビー:マークと同じくらい、ケープ・フィアでの経験地が高いサーファー。ハードコアサーファーとして有名。

リッチー:総合格闘家でもあるリッチー。リッチーも、ケープ・フィアが開拓された日からサーフしてきたベテラン。また、ヘビーなワイプアウトにより、酸いも甘いも経験してきたサーファー。

ジェシー:ローカルの中で最も若手サーファー。普段は、ボンダイでプロのライフガードして仕事をこなし、同イベント開催に備えてトレーニングを怠らない。

ローカルと言い、アウトサーダーと言い、濃い面子が揃っています。初開催イベントとあり、開催前からかなり盛り上げていますので、後はスウェルが入るのみ。期待のスウェルが入らず、キャンセルとならない事を祈りたいですね。


スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事