• ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日
  • エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日
  • ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日
  • サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日
  • ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日
  • グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日
  • テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日

アフリカ大陸の東に位置し、インド洋に浮かぶレユニオン島出身のエイドリアン・トヨン(24歳)。レユニオン島はフランスの海外県であり、公用語はフランス語なので、現在はフランスを拠点にしています。

同じくレユニオン島出身でワールドツアーサーファーのジェレミー・フローレスも、現在はフランスを拠点にしていますので、世界を転戦するライフスタイルを考えると、フランスの方が動きやすさの点で利便性が高いのでしょうね。

エイドリアンの目標は、ワールドツアー入りを果たす事にあり、精力的にWQSを転戦しています。しかし、現在のWQSランクは105位、過去3年のランクを見ても100位を切れない厳しい状況にあります。ワールドツアー入りの状況はWQSトップ10なので、いかに難しいかが分かりますね。

今回は、そんなエイドリアンが生まれ育ったレユニオン島でフリーサーフ映像をお届けします。コンテストでは、なかなか結果を出せずにいますが、非常に勢いのあるライディングで、私はとても好きなタイプのサーフィンです。

サーフィンは、大きく分けるとコンテストサーフィンとフリーサーフィンの二つ(ビッグウェイブサーフィンといった細かいジャンルを除き)。コンテストサーフィンだと、毎ヒートで安定したサーフィン、つまり同じようなライディングを高い精度でメイクしなければなりません。

一方、フリーサーフィンなら、良いライディングの映像だけを使用するため、何度ワイプアウトしようとも、インパクトのあるマニューバを一回でもメイクすればオッケー。そう考えると、エイドリアンはフリーサーファーに向いてるかと思います。


スポンサーリンク


フリーサーフの関連記事
  • スペイン版万里の長城をバックに空撮セッション:ケパ・アセロ
  • 第二のデーン・レイノルズ!?13歳のベンチュラ出身スーパーグロム:ディミトリ・ポーロス
  • 若手オージーのカイ・ヒンによるインドネシアやオーストラリアでのフリーサーフ@2016
  • 一年間のフリーサーフ映像コンピレーション:ハリー・ブライアント
  • エントリーシーンから撮影された貴重なシップスターンでの自撮り映像:マイキー・ブレナン
  • ビアンカ・ビュイテンダグがツアーの合間に訪れたフランスでのフリーサーフ動画

この記事が気に入ったら
フォローしよう

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事