• グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日
  • ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日
  • テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日
  • エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日
  • ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日
  • サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日
  • ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日

前回までのエピソードは、下記リンク先となります。

アラナ・ブランチャード/サーファーガール シーズン1:エピソード1

アラナ・ブランチャード/サーファーガール シーズン1:エピソード2

アラナ・ブランチャード/サーファーガール シーズン1:エピソード3

アラナ・ブランチャード/サーファーガール シーズン1:エピソード4

スポンサーであるリップカールのため、初めてモデルをしたのは15歳というアラナ。一般的なモデルは身長180センチ程度あるのに比べ、小柄なアラナは(ASP公表の身長は173cm)、自分をモデルとは捉えず、それほどシリアスではなかったと言います。ただ、自分のキャリアにはプラスになると考え、楽しみながら続けたとのこと。

とにかくサーフィンが上手くなりたい一心で取り組んでいるトレーニング。そのおかげで、ワールドツアー入りを果たしたとも言います。ただ、ワールドツアー入りにおいて、最も大きな影響は、やはりカウアイ島出身でワールドチャンプに輝いた故アンディ・アイアンズ(2010年に32歳の若さで他界)の存在が大きいそうです。

カウアイ島サーファーみんなの憧れであったアンディ&ブルースのアイアンズ兄弟。カウアイ島出身で初のワールドチャンプであるアンディは、死後、ハワイ州知事が2月13日を「アンディ・アイアンズの日」と宣言したほどです。つまり、それほど影響力があり、今なおアンディ本人の偉業が示すとおり、誰もが夢を掴む事ができると勇気を与えた存在として、みんなの心に生き続けているんですね。


スポンサーリンク


  • 開放感抜群!?オーランド・ブルームが裸でタンデムSUP
  • タンデムサーフィン サーフィンドッグ
    二匹のワンコと一緒にSUPでタンデムライディング@オーストラリア
  • 一日でサーフ×スケート×スノーを楽しんだドキュメント映像@オーストラリア
  • ザ・ウェッジに続きバックドアでのボードトランスファー:ジェイミー・オブライエン
  • ビリー・ケンパー ジョーズ マウイ島
    マウイ島ジョーズでのBWTイベント優勝者が開催前に語った予言
  • ツアーノートbyハーレー:ベルズ・ビーチ

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事